小さいマメを大きく育てる~株式会社スリービーンズ

小コストでスピーディな、Webディレクション、スキーム構築、人材育成 ~ 株式会社スリービーンズ

介護事業ES向上サポーター

介護事業ES向上サポーター

 介護業界の人手不足が切実な問題として多くの人が知るところとなっています。人手不足解消の切り札として、国は、ロボット、外国人、そしてシニアの活用をあげています。

 行政は、無料研修や就活イベントを行うなどしてシニアの就労を促していますが、なかなか人員が集まらず苦慮しているようです。

 生活のために働かざるを得ない人は、とっくに仕事に就いています。ギリギリながらもなんとか生活できる人は、「良い仕事」だったらやりたいと考えて仕事を選んでいます。

 経済的に生活に困っていない人は、ボランティアか、前職の経験を生かせる仕事等、自尊心を保てる範囲で働こうと考えます。

 シニアの方に介護の仕事に目を向けてもらうには、単なる労働力の補助ではなく、シニアならではの知恵や経験が活かせる働き方の提案が必要です。

 介護の仕事は、身体的にハードな仕事という先入観で敬遠されがちですが、実は書類作成などデスクワークも多いのです。

 また、対人関係などコミュニケーション能力も必要とされ、社会経験が少ない若い職員には大きな負担になっている場合もあります。

 介護現場の諸問題解決には、シニアの幅広い見識や知恵が有効です。それなのに、単なる労働力としてしかみられないのは大変もったいないことです。

 介護の職場の働きやすさをサポートする役割り(ES向上:ESは職員満足)を、シニアスタッフに課し、若い職員の心の支えとなるような位置づけにしてはどうかと思います。

 そのためには、どのような考え方や手法が必要かを多少は学ぶ必要があります。そして、介護事業ES向上サポーターなどという肩書を付与することで、本人は役割を自覚し、周りの職員もそのことを理解できます。

 介護事業ES向上サポーターの活躍が、介護職員の離職予防になり、介護サービスの質向上につながると考えます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional