小さいマメを大きく育てる~株式会社スリービーンズ

小コストでスピーディな、Webディレクション、スキーム構築、人材育成 ~ 株式会社スリービーンズ

シニアの就労を考える

シニアの就労を考える

八重洲を拠点に活動する日本生涯現役推進協議会という団体があります。

高度成長期を支えたいわば企業戦士が中心になって、40年ほど前に組織された団体です。その頃の発起人や若手も今は大御所。70代80代が変わらずに活躍しています。

10月28日(土)に飯田橋しごとセンター地下大講堂で、第7回生涯現役サミットが開催されました。途中名称変更があったため7回ですが、実際にはもっと回数を重ねています。

100名ほどのご参加で、元江戸川区副区長原野氏の基調講演があり、ご参加の方は実に熱心に聞き入っておられました。

サクセスフルエイジング(幸せな老後)は、その人の価値観によって生き方は違います。働き方で言えば、大きく2つに分かれます。ハッピーリタイアメント(悠々自適)と、生涯現役(働き続ける)です。

内閣が掲げる一億総活躍では、日本は今、生涯現役の流れになっています。元気で働き続けることが良しとされることが、ことさらに推奨されることは介護に携わる人には危惧する面もあろうかと推測します。

精神的にも、身体的にも、その人の持って生まれた力は異なります。生活環境やその他の要因でも異なります。価値観も違います。そうした多種多様な考え方、生き方を認めたうえでの一億総活躍であることを願います。

しかしながら個人的には、80代を超えて今なお本を出す意欲があるIT業界の草分け的方や、自分の余力を後継世代に尽くしたいと起業家育成に力を入れる方など、枯れることない創造力や思考力に驚嘆し、励まされています。

若い人と、こうした次世代を支援したいシニア層を、どう出逢いの場を設けるか、模索しています。

第7回生涯現役サミット

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional